1)腎不全・カリウム排泄障害などの腎疾患で水分量が制限されている方、カリウムを摂取してはいけない方
還元水素水は水道水よりカルシウムやミネラルが多いため、かかりつけの医師にご相談ください。

 

2) 無酸症・低酸症の方
胃には、食物を取り入れると栄養を吸収し、カスを作るためpH1.8前後の強い胃酸が必要です。
無酸症などの方は、胃液に塩酸が無く、食物を分解する力がありません。
還元水素水を飲むと、さらにpHが上がり、事故に繋がる場合があります。

 

3)赤ちゃんのミルクや乳幼児食品

胃腸が未発達で腸の働きが大人と異なるため、浄水の飲用をおすすめします。
大人と同じものが食べられるくらいになったら、pH8.5から徐々に慣らしてください。

 

4)薬服用時
薬は浄水で服用されることを想定して作られています。
薬を服用する場合は、「浄水」をお使いください。
※基本的に医師の治療を受けている方、身体に異常を感じている方は、医師または薬剤師にご相談ください。
妊産婦は、妊娠は病気ではありませんから、飲用して何らかの症状が出るなど問題なければ、特にご心配されることはありません。
ただし、気になるようでしたら、かかりつけの医師にご相談されることをおすすめします。
その際、下記をお伝えください。

1.電気分解によって得られるpH9.5程度の弱アルカリ性の水ということ。
2.カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラル分が水道水より増えていること。

この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 11人中11人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る