洗浄通知が点滅したら手動洗浄をしてください。

電気分解することにより電極板にカルシウムが付着し、電解しにくくなったり、故障の原因になります。

通常、使用後に電極を自動洗浄していますが、定期的に手動洗浄をすることによって本体内配管に付着したスケール(カルシウム等)を除去することができます。

給水量と吐水量があわせて300リットル※に達すると洗浄通知が点滅しますので、下記の方法で手動洗浄を行ってください。(取説P20参照)

※酸性水を流した水量分はマイナスのカウントをします。

 

【手動洗浄の方法】

1. 「切替」ボタンを押して酸性モードにする。

2. 分岐栓レバーを「浄水」にし、蛇口を開け酸性水を出す。

3. クリーニング開始。ブザー音がピッピッとなる。

4. 約30秒でブザー音が停止し、洗浄通知のランプ点滅が消灯する。

5. 蛇口を閉めてクリーニング終了。

 

この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る