確かに、強酸性水(次亜塩素酸水)は、有機物に触れるとすぐに分解され、普通の水に戻ってしまう性質があります。 プラスチックボトルは、いわゆる有機化合物で、次亜塩素酸水との反応がない、または穏やかだからでしょう。 ここで言う有機物は、いわゆる有機汚濁を指します。例えば、タンパク質、油脂、炭水化物などです。 もちろん、人体も当てはまりますし、皮膚に付いた汚れも有機汚濁物質が多いです。

この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 2人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る