弊社の生成器では強酸性次亜塩素酸水と弱酸性次亜塩素酸水を作ることが出来ます。
微酸性次亜塩素酸水は作ることが出来ません。

強酸性次亜塩素酸水 微酸性次亜塩素酸水
メリット ①入手困難な塩酸など使用せずに食塩と水と電気だけで生成できる。
②飲用水(還元水素水)をはじめとした他の用途の水も生成できるものがある。
③民生用の生成器は比較的安価である。
①金属を錆びさせにくい(錆びないわけではなく、強酸性次亜塩素酸水と比較した場合)
②塩素ガスがほとんど発生しない。
デメリット ①金属を錆びさせやすい(使用後洗い流せば問題ない)
②微量の塩素ガスが発生する(生成時は換気をおすすめしている。ただ、民生用の生成器は事故になるような高濃度で大量の塩素ガスは発生しない)
①塩酸を使用するので一般家庭などでは生成が難しい。
②飲用の水は生成できない。
③ほとんどが業務用の生成器なので高額。

 

この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る