塩素除去と、通水量6,000リットルまで鉛除去ができる浄水フィルター(ハイグレードタイプ)をご用意しています。
(目安:4~5人家族で約6ケ月程度)
その中身は溶解性イオンと力ルシウムおよび活性炭が素材です。
WHO(世界保健機関)では鉛の溶存量を0.01 ppmまで認可していますが、日本では0.05ppmまでも検出され、胃腸や脳に障害をおよぼすと言われています。
鉛管は加工しやすくコストも安いため、終戦直後から使用されてきました。
現在では、鉛の無い水道管に取り替え工事を行われていますが、まだ工事がされていない地域もあります。
ご家庭の水道管については、お近くの水道局へお問い合わせください。
この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 4人中3人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る