製法が違います。
どれも、厚労省で食品添加物として認められた安全なものです。

強酸性
次亜塩素酸水
弱酸性
次亜塩素酸水
微酸性
次亜塩素酸水
製法と特徴 隔膜がある電解槽で、塩水を電気分解して生成。生成器があれば塩水さえあれば一般家庭でも簡単に生成できる。 隔膜がある電解槽で、塩水を電気分解して生成。+極でできた強酸性次亜塩素酸水と-極でできた強還元水を混ぜてpHをあげたもの。 隔膜がない電解槽で、塩酸または塩酸に少し塩を足したものを電気分解して生成。 塩酸と特殊な業務用の機械を使用することから考えると一般家庭や事業所で生成するのは現実的ではない。
pH pH2.7以下 pH2.7~5.0 pH5.0~6.5
有効塩素濃度 20~60ppm 10~60ppm 10~80ppm

次亜塩素酸水_厚生労働省

この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る