浄水フィルターの交換目安として「1年」とご案内していますが、交換サインがでるタイミングは下記の通りです。

◆ビーファインRS(音声+アラーム+ディスプレイ)・SANAS KS-30GS(ブザー音+ディスプレイ)
・12,000リットル通水したとき
・初めてコンセントを入れてから1年たったとき
◆ビーファインR(ブザー音+ディスプレイ)
・12,000リットル通水したとき
◆ビーファインR3(ディスプレイ)
・12,000リットル通水したとき
◆エクセルEX(※エクセルEXは交換サインが表示されないモデルです)
・12,000リットル通水
 液晶画面の通水量が12,000リットルになったら交換の目安となります。

 

味・におい・ラピッドDPD試薬(塩素試薬)等でご確認いただき、変化がある場合は、サインが出なくても交換いただくことをお勧めします。
浄水フィルター交換後は必ずリセットスイッチを押してください。(取扱説明書ご参照)
押し忘れた場合、器械内部のマイコンが起動しないため、通水量の計算がリセットされません。

※また、交換サインが出たあと一気に塩素が取れなくなる訳ではございません。

塩素は使っているうちに徐々に取りきれなくなってくるので、味やにおいが気にならなければ、新しい浄水フィルターが届くまでそのまま様子を見つつご使用いただいてもいいと思います。
この投稿は役に立ちましたか? はい いいえ 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
LINEで送る