新型コロナウイルスに次亜塩素酸水は有効と評価されました

新型コロナウイルス(COVID-19)に対する次亜塩素酸水の有効性評価が、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)で検証され、2020年6月26日に、『次亜塩素酸水は有効である』と発表されました!
しかし、全ての次亜塩素酸水が有効とされた訳ではなく、pHや有効塩素濃度、使用方法などに注意する必要があるので詳しく解説していきます。

そもそも次亜塩素酸水とは?

まず、簡単に次亜塩素酸水について解説します。
厚生労働省の資料により、次亜塩素酸水として定義されているのは、塩酸又は塩を溶かしたお水を電気分解することで生成した、強酸性次亜塩素酸水、弱酸性次亜塩素酸水、微酸性次亜塩素酸水の3種類です。
低い有効塩素濃度ながら、高い殺菌活性があり、食品添加物指定もされていて安全性も高い水です。
ちなみに最近よく見かける、電気分解をせずに次亜塩素酸ナトリウムなどを希釈して「次亜塩素酸水」として販売されているものもありますが、正確には次亜塩素酸水ではありません。
そのような「疑似次亜塩素酸水」を噴霧して「次亜塩素酸水噴霧による健康被害」という報道も見受けられましたので、十分お気をつけください。

以下の表にそれぞれの違いをまとめました。

強酸性
次亜塩素酸水
弱酸性
次亜塩素酸水
微酸性
次亜塩素酸水
pH(水素イオン濃度指数)2.3~2.72.7~5.05.0~6.5
有効塩素濃度20~60ppm10~60ppm10~80ppm
電気分解の方式2室型電解システム
3室型電解システム
2室型電解システム
3室型電解システム
無隔膜(1室型)電解システム
生成できるお水複数複数1種類のみ

また、ここからは「電気分解によって生成した次亜塩素酸水」のみ解説します。

新型コロナウイルスに有効とされた次亜塩素酸水

有効とされた条件

今回の検証で有効性が確認された次亜塩素酸水は、以下の条件で有効と判断されました。

・pH6.5以下
・有効塩素濃度35ppm以上

注意が必要なのが、有効塩素濃度が35ppm以下だと有効とされていないところす。
次亜塩素酸水は有機物に触れたり紫外線に当たるとただの水に戻る特性があり、安全性は高いのですが、その反面分解が早く日持ちしづらいといった弱点があります。
なので生成後の保管状況や使用状況、時間の経過などで有効塩素濃度が低くなっている場合、効果がしっかりと得られない可能性があるので注意が必要です。

適切な使用方法

有効とされた条件を理解いただけたら、あとは適切に使用すればバッチリです!
使用方法の例は以下の通りです。

1.容器に入れて使用する場合
汚れのないスプレーボトルやペットボトル等を使用してください。容量の大きい容器ほど日持ちがよくなります。
※ 次亜塩素酸水は希釈せずにそのまま使います。容器に汚れがあると反応して除菌効果が著しく低下してしまいます。

2.机やドアノブ、手すりなどの除菌
直接スプレー等でビシャビシャになるまで噴きかけ、約10秒後ふき取ります。 これを2回繰り返します。
※ 1回目で汚れを取ります。 2回目で除菌効果が発揮されます。

3.手の除菌
①手洗い: 洗い残しのないように石鹸でよく洗ってふき取り、汚れを十分取ります。
②除菌: ビシャビシャになるまで次亜塩素酸水をスプレーし、約10秒後にふき取ります。 または、ビシャビシャにスプレー後、乾くまで手揉みします。
※ふき取りには、清潔なタオルまたはペーパーなどを使用してください。
※ 次亜塩素酸水はエタノールのように少量スプレー(シュッシュッ)ではいい効果が出ません。
アルコールや次亜塩素酸ナトリウムとは違い、水で洗っただけでも手荒れする方でなければ手荒れの心配はほとんどありません。

新型コロナウイルス感染症対策へのオススメは強酸性次亜塩素酸水

では実際にどの次亜塩素酸水を使用したらいいのでしょうか。
生成方法や、使用方法などの観点で見ると強酸性次亜塩素酸水をオススメします!
なぜ強酸性次亜塩素酸水がいいのか、解説します!

簡単に生成できる

例えば、微酸性次亜塩素酸水を生成するには、塩酸を使用しなければなりません。塩酸は取り扱いに注意が必要なので、業務用の生成器がほとんどです。弱酸性次亜塩素酸水は、pHなど希釈して調整することが必要のため、生成器は一般的に販売されていません。
しかし強酸性次亜塩素酸水は電解水生成器に塩を添加するだけなので、一般家庭でも簡単に生成できます!

好きな量をいつでも生成できる

次亜塩素酸水は使用する際に、少量ではなく、たくさん使用することでより効果を得ることができます。
また日持ちしにくいため、その都度生成するのが一番です。
容器に入っている次亜塩素酸水を購入する場合、一度にたくさん利用することを躊躇したり、使用期限を気にしなければなりませんが、強酸性次亜塩素酸水は電気分解をその場で行い生成できるため、その心配はなくなります。

まとめ

新型コロナウイルス感染症対策に有効とされた次亜塩素酸水は、有効塩素濃度や使い方などに注意が必要ですが、それさえ守れば高い除菌力と安全性を持っているので、安心して使用することができます。

電解水生成器ビーファインR3で生成される次亜塩素酸水について

ビーファインR3に塩を添加して電気分解すると強酸性次亜塩素酸水を生成することができます。
pH2.7以下、生成直後は平均約50~60ppmほどの有効塩素濃度で生成されます。
強酸性次亜塩素酸水は、有効塩素濃度が低いのに殺菌活性が高く、生成時も含めて安全性も高いとてもすぐれた水です。電解水生成器で生成すれば、いつでもフレッシュな状態で惜しみなく使っていただけます。

強酸性水生成器はこちら

強酸性水(次亜塩素酸水)特集

強酸性水(次亜塩素酸水)について詳しく解説しています。

動画でわかる還元水素水

還元水素水、そして主力製品ビーファインR3の魅力を分かりやすく動画にしました。

還元水素水動画

皆様から寄せられたご質問や製品・サービスの解説などをまとめたよくある質問集です。

環境のために私たちにできる事

プランビーでは、人々のQOL(人生の質)向上のためには地球環境に配慮する事も必要なことだと考えています。

ビーファインRS塩添加等の取り付け

正しく取り付けて水漏れを防ぎましょう。